×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音がならなくなった場合の修復方法(For WinXP)

注意

こ のページの著者はここに書かれていることを実行した時に生じた損害について一切責任を負いません。

又、ここに書か れていることはWinXPデノミ確認しております。Win2000やWinVistaに使用できるかはまったくわかりません。おそらくWin9x、 WinMeには使えないでしょう。

はじめに

PCを長時間使っている と、突然音が鳴らなくなったことはありませんか?このような時、ほとんどの場合、下記の方法を実行することによって修復できます。

1: デバイスマネージャーを開く

デバイスマネージャーを開く方法はいくつかあるのですが、今回は一番わかりやすいと 思われる方法を紹介します。ほかの方法で開いてもかまいません。

はじめに、[Win]+[Pause]を押しま す。しばらくすると、システムのプロパティーが表示されると思います。(画面写真1)システムのプロパティーの画面写真。カーソルはハードウェアタブ(一番上の行の、左から3つめ)をさしている。

このシステム のプロパティーのハードウェアタブを開き、そこにあるデバイスマネージャーというボタンを押すとデバイスマネージャーが表示されます。(画面写真2、3)システムのプロパティーのハードウェアタブ。カーソルはデバイスマネージャーボタン(上から2行目にあるデバイスマネージャーグループ内にあるボタン)をさしている。

デバイスマ ネージャーを開いたら、システムのプロパティーは愁傷してもかまいません。

2:Microsoft Kernel Wave Audio Mixerを再起動する

デ バイスマネージャーを起動すると、Microsoft Kernel Wave Audio Mixerに黄色い!の印がついていると思います。(画面写真3)画面写真3、デバイスマネージャーの画面写真。サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーの下に、いくつか項目があり、その中のMicrosoft Kernel Wave Audio Mixerにカーソルが選択され、そのアイコンに!マークがついている。 もしかしたらほかのものが同じようになっているかもしれませんが、今回は Microsoft Kernel Wave Audio Mixerだけを操作します。ほかには沢習いで下さい。しかし、Microsoft Kernel Wave Audio Mixerに!がついていない場合で、サウンド、ビデオ...(スピーカーのマーク)以下の項目に!がついている場合は、それに対して同じ操作を行うと直 る場合がありますのでお試しください。その場合はMicrosoft Kernel Wave Audio Mixerをそれの名前に読み替えてください。そうでない場合は、スピーカーコードなどが抜けてしまっていないか、音量がミュート(PCだけではなくデバ イスも確認してください。)あるいは極端に小さくなってしまっていないかをもう1度確かめでそれでもだめならコンピュータを再起動してください。

黄 色い!の印がついたMicrosoft Kernel Wave Audio Mixerを選択したらツールバーにある無効ボタンを押してください。(画面写真4)画面写真3とほぼ同じだが、無効ボタン(上から2行目のツールバーの一番右にあるボタン)にポインタがあっている。

そう すると"このデバイスを無効にするとデバイスは機能しなくなります。"といったメッセージが表示されますが気にせずに灰を押してください。(画面写真5)画面写真5 警告メッセージで、本文に記載されているメッセージが表示されており、はいボタン(一番下の左側にあるボタン)にポインタがあっている。 もし、"警告:デバイスを"といったメッセージが表示されたら必ずキャンセルしてください。 その後、ボタンをよく確かめてもう1度この手順をやり直してください。

しばらくして Microsoft Kernel Wave Audio Mixerに赤いXの印がついたらもう1度それを選択し、今度は有効ボタン(といっても向こうと同じ場所に表示されます。)を押します。(画面写真6)画面写真4とほぼ同じだが、!マークがXになり、無効ボタンが有効ボタンになっている。

し ばらくしてMicrosoft Kernel Wave Audio Mixerが表示されなくなったら完了です。(画面写真7)画面写真3とほぼ同じだが、Microsoft Kernel Wave Audio Mixerがなくなっていて、カーソルもMAINPC(画像を撮影したPCの名前)にあっている。念のため音を出してみてください。音がなったら成 功です。音がならなかった場合はほかのところ に原因がある場合もありますのでよく確かめてからやり直してください。

なぜこのような現象が発生するのか

原 因は不明ですが、何らかの要因で、ドライバが読み取れなくなってしまうことによって発生すると考えられます。(画面写真8)画面写真8。デバイスの状態グループ(下から4行目)内のテキストボックスに、"このハードウェアのドライバを読み込むことができません。ドライバが壊れているか、ドライバがない可能性があります。(コード 39)"と表示されている。

お まけ

デバイスマネージャー

これまでWin9x系を使用していた方は このデバイスマネージャーを見て最初戸惑ったという方が多いと思います。これは、Win9x系はシステムのプロパティーに表示されていたのが、WinXP ではmmcという総合管理ツールでの表示に切り替わったためだと思います。

これによって、従来のボタンはツール バーなどにまとめられました。又、一部機能の移転、統合や削除なども行われました。

おまけなのでこの辺で切り上げ たいと思います。

画像について

画像が表示されない場合はまだ準備中で す。これは早急にこの文章だけあげる必要があったからです。

又、 画像の囲うには非常に重いソフトウェアが必 要に り、それを実行する時間が取れないからです。

画像の個数が多いので非常に見えにくくなっ ております。ご了承ください。又、大体テキストが長いのは画像の内容を的確に伝えるのが目的です。ご了承ください。

今 回はこの辺で失礼します。


(C)2008 koi911.

Present position:Top->New Top->Text->音がならなくなった場合の修復方法(For WinXP)